バックエンドエンジニアとは、能力を身につけることで需要が高まる職業です。

バックエンドエンジニアとは

「バックエンドエンジニア」とは、Webサイト制作の際に重要となる情報を格納しておく“サーバー”において、データを使いやすいように仕分けする“データベース”のようなシステムを構築するエンジニアのことです。

 

ユーザーが直接アクセスするWebサイトにおけるブラウザ側の機能を構築するフロントエンドエンジニアと異なり、バックエンドエンジニアはデータが集約されるサーバー側のシステム構築を行う役割を持っています。

 

 

仕事内容

バックエンドエンジニアが担当するサーバー側

バックエンドエンジニアの仕事内容はコンパイラ言語と呼ばれるC言語やJava、もしくはインタープリタ言語と呼ばれるPHPやPythonといったプログラミング言語を用いてコーディング、またはそれより上流の工程を含めたサーバーの構築を行います。

 

制作サイドからすると、パソコンのようなハードウェア新調時にソフトウェアをインストールし環境を整える“インフラ整備”の役割を担っています。
我々ユーザーが認識できる範囲でいうと、ECサイトにおける“カート”の情報や不正アクセスに対してアプローチできるのがバックエンドエンジニアの仕事になります。

 

 

求められるスキル

バックエンドエンジニアが使用する言語

Java、C、C++、PHP、Pythonなどのインフラシステムを構築するサーバサイド言語はもちろんのこと、Webサイトの機能面を構築するHTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンドへの理解もバックエンドエンジニアには必要なスキルになります。

 

また、ハードウェアの管理も一任される事が多いのでLinuxやWindows、MacなどのOSに関する知識と、それに伴うソフトウェアの開発や品質管理など様々なスキルが求められるポジションとなるでしょう。

 

 

サーバーサイドエンジニアとの違い

似た領域を担当する職業に“サーバーサイドエンジニア”というポジションがあります。
両者に明確な線引きはありませんが、多くの場合、サーバーサイドエンジニアは様々な企業における在庫管理や会計システムなど、基幹的な部分の業務に携わるエンジニアのことを指します。

 

対してバックエンドエンジニアという言葉は、Web業界におけるフロントエンドエンジニアとの区別をするために用いられ、特にWeb領域に特化してサーバーやデータベース構築を行うものと区別されています。

 

 

能力次第でいくらでも将来が開ける

バックエンドエンジニアは平均給与が「350万~600万円」と言われています。
Firebaseの台頭で将来性が危ぶまれていると言う意見もありますが、実際の現場ではバックエンドに限らず幅広い知識やポジションで立ち回る能力が身につくので、将来性という意味で悲観する必要はないでしょう。

 

バックエンドエンジニアはハードウェアとソフトウェア両方に造詣がないと活躍することは難しいですが、これらが好きで意欲的に学べる場合、プロダクト制作において魅力的なポジションになるのではないでしょうか。

TOPへ