フリーランスエンジニアの1番のメリットは、収入が確実にUPにする点です。

フリーランスエンジニアは本当に良いのか

フリーランスエンジニア

 

フリーランスエンジニアは、自由で制限の少ない働き方として1つの目標にされています。

 

しかし、デメリットまでしっかりと考えられているのでしょうか。
会社を離れてたった1人で社会に立ち向かう前に、少し立ち止まってみましょう。

 

フリーランスを目指す私たちは、独立することのメリット・デメリットを冷静に分析し、フリーランスとしての働き方を理解しておく必要があります。

 

 

フリーランスエンジニアのメリット

収入アップのチャンスがある

全く同じスキルでフリーランスとして仕事を受注した場合、受け取れる報酬が高くなる可能性があります。

 

同じ仕事を他の人より早く効率的に行える場合は、固定給の会社員より、案件ごとの報酬が発生するフリーランスの方が結果的に時間当たりの報酬が高くなるのです。

 

 

好きなスキルが伸ばせる

フリーランスは、案件に対して参加する形で仕事を行います。

 

やりたい案件だけ参加し、やりたくない案件を拒否できる、ということです。
つまり、得意なスキルが生かせる案件だけに参加すれば、効率的にスキルを伸ばすことができます。

 

 

働き方に自由が生まれる

最大のメリットとして知られているのは、働き方が自由であるという点です。

 

多くのプロジェクトは、割り振られた仕事に対して成果物を納品して報酬を受け取ります。
その成果物は自宅で作成してもカフェで作成しても構いません。場合によっては、旅行先で仕上げることもできます。

 

会社員時代より、場所や時間に囚われない働き方が実現できるのは、フリーランスならではのメリットです。

 

 

フリーランスエンジニアのデメリット

福利厚生がない

当たり前ですが、会社に所属していないので福利厚生がありません。

 

これまでは無料で受けられた健康診断は自費になり、プロジェクト先に移動する際の交通費も自分で支払う必要が生じます。
備品・消耗品の購入も自腹な点には注意が必要です。

 

 

社会的信用が低い

フリーランスになってから始めて自覚する人が多いデメリットは、社会的信用度が低い、という点です。

 

住宅ローンやクレジットカードの審査など、社会的信用が求められる商品の利用が難しくなります。
賃貸物件の契約も難しくなりますので、覚悟しておきましょう。

 

 

キャリアパスが狭まるかもしれない

働き方次第な面もありますが、キャリアパスは縮小される場合が多いです。
フリーランスは技術第一であるため、とにかく手を動かす必要があります。

 

後輩の指導やエンジニアをディレクションする機会が乏しく、管理職へのキャリアパスはほとんど期待できない点には注意しましょう。

 

 

最終目標を見極めよう

旅先で仕事をするフリーランスエンジニア

 

フリーランスのは働き方は自由で、スキルアップの機会にも恵まれています。
しかし会社員時代には当たり前と思っていたメリットは手放さなければいけません。

 

自身の最終的なキャリア目標をしっかりと再確認し、本当にフリーランスでしか実現できないという結論が出たときに独立の道を検討すれば、後悔の少ない自己決定に繋がるのではないでしょうか。

 

TOPへ