フロントエンドエンジニアとは、ユーザーの目に触れる部分を実装する職種です。

フロントエンドエンジニアとは?

「フロントエンドエンジニア」とは、主にWeb・インターネット業界で活躍するエンジニアの種類の1つで、私たちがブラウザを利用して閲覧するWebページやECサイトなどの「直接操作する部分の機能」を制作するエンジニアのことを指します。

 

正面という意味のフロントから、ブラウザ上でユーザーが触れるメインの部分を作るエンジニアと覚えると良いでしょう。

 

 

仕事内容

フロントエンドエンジニアが実装するWebサイト

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、デザインの設計書をもとにHTMLやCSSといったプログラミング言語でサイトの構築や機能の実装を担当します。

 

Webデザイナーとの意思疎通が重要となるポジションなだけに、企業によってはフロントエンドエンジニアがWebデザイナーを兼ねて、一貫してコンテンツの制作を行うことも

 

 

HTMLコーダーとは領域が異なる

よく似たポジションとして混同されがちな“HTMLコーダー”はHTML、CSSという技術を扱い、Webサイトの静的な部分の制作を担います。

 

一方でフロントエンドエンジニアはHTML、CSSに加えJavaScript、PHPなどの言語を用いて、Webサイトにアニメーションのような動きを実装するところまで担当することになります。

 

いずれも会社によって詳細な担当領域の幅は異なるでしょう。

 

 

平均年収

平均年収は年代によって大きく差が出るようですが「380万~520万円」といったあたりの価格帯が業界でも多い給与水準になります。

 

しかしながら、Web・インターネット業界ならではのマルチな業務領域に携わることでエンジニアとしての価値を高めれば、給与を上げることは可能です。

 

企業によっては最大1,000万円で雇用のオファーが来ることもあり、期待のできる職業になります。

 

 

将来性とキャリアパス

フロントエンドエンジニア出身のディレクター

フロントエンドエンジニアには大きく分けて2つのキャリアパスがあります。

 

1つは、幅広い業種との関わりを持つフロントエンジニアとしての経験を生かして“ディレクター”や“プロデューサー”などの「マネジメント職」としてのキャリアパス。

 

もう1つは、フロントエンドだけでなく、Webデザインやバックエンドの技術を持った“フルスタックエンジニア”としての「スペシャリスト」を極めるキャリアパスです。

 

いずれも今後伸び続けるITの市場では価値が高く、将来性は高いと言えるでしょう。

 

キーパーソンとして業界で重宝される職業

フロントエンドエンジニアはディレクターからの相談に答えるべく、柔軟な対応を求められる職業になります。
時にはデザイナーの設計に対してコーディングの面からアドバイスをする場面も珍しくないでしょう。

 

それに応えるためには、豊富な知識と経験が必要になりますが「やりがい」という面では大きな成果を得られる立場です。
プロダクトにおけるキーパーソンとして自身の探究心を生かしたい願望がある方にオススメの職業なのではないでしょうか。

TOPへ