スマホの普及やプロゲーマーの登場でゲームプログラマーの需要は高まっています。

ゲームプログラマーとは

ゲームのシステムを作成中のゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、プログラマーの中でも特に“ゲーム会社”に勤務しているプログラマーのことです。

 

ゲームという特定のジャンルではありますが、“システムプログラマー”や“クライアントプログラマー”などの多数のプログラマーが必要とされています。
また、ゲームの形態も家庭用からアプリゲームまで幅広く存在することから、一口にゲームプログラマーと括ってしまうのは難しいほど奥が深い職業になります。

 

 

業界の特色

ニンテンドースイッチで遊ぶ女性

任天堂やSONYなど、いまやゲーム産業は世界的に影響を与えるほど大きな業界となっています。
最近ではスマートフォンの普及により、それまではゲームを卒業してしまっていた層を再びユーザーとして招き入れることに成功するなど、勢いが止まることを知りません。

 

業界の志望者には「ゲームが好きであること」はもはや不可欠の要素となっています。
しかし、ゲーム会社も企業には変わりないので、仕事を円滑に行える「コミュニケーション能力」が高い人材が求められている傾向にあるでしょう。

 

 

プログラマーとの違い

ゲームプログラマーは基本的には一般的なプログラマーと大きな違いはありませんが、開発環境や仕事で優先すべき項目は少し特徴があり、業界独特なものになります。
正しく理解してギャップのないキャリアプランを描きましょう。

 

 

仕事内容

ゲームプログラマーはC系統の言語を用いてプログラミングを行うのがメインの業務になります。

 

しかし、一般的なプログラマーと比べて「バグや致命的なミスが許されない」という強い意識があります。
特に家庭用ゲームの場合、回収しなければいけないバグが見つかることは会社としても大きく信用を欠く事態となるので、必然的に責任は重くなるでしょう。

 

 

給与

ゲームプログラマーの平均給与は「410万円」程度とされており、一般的なプログラマーと大きくかけ離れていることはありません。
勢いがあるのはソーシャルゲームが好調のCygamesやGREEなどの有力な企業になりますが、ゲーム会社大手の任天堂にもなると、プログラマーでも「800万円」台の給与が期待されている職業になります。

 

 

必要なスキル・資格

ゲームプログラマーの世界においても

  • 基本情報技術者試験
  • Oracle Certified Java Programmer

などの基本的な資格が有効的になります。
それらに加えて、ゲーム業界ならではの「Unity認定技術者」といった総合的なゲームエンジンに関する資格を取得していると高評価になるでしょう。

 

 

業界は成長を続け、将来性は高い

新しい職業として注目のプロゲーマー

ゲームの世界は生活に大きく関わらないためニッチな業界とされていましたが、今となってはプロゲーマーが職業として成り立つほど注目される業界です。

 

ゲーム業界を支えるプログラマーの需要は高く、ゲームを好きな気持ちが大きい人程目指して損はない職業ではないでしょうか。

TOPへ