ネットワークエンジニアになりたいのであれば、まずは資格取得に努めましょう。

ネットワークエンジニアとは

需要は下がらないと期待されるネットワークエンジニア

 

「ネットワークエンジニア」とは、IT業界の中でもネットワークの構築を専門とするエンジニアです。

 

プログラミングによりシステムを構築するエンジニアと異なり、サーバーやルーターなど、インターネットに接続する物理的な基盤の整備を行います。

 

 

仕事内容

ネットワークエンジニアは、ITネットワークの形成に携わる職業です。
仕事内容としては「設計」「構築」「運用」「保守」の4つに分かれます。

 

「どのようなネットワークにするか」という点から協議を行い、「実装後の障害やトラブル対応」までがネットワークエンジニアの仕事です。

 

1人のエンジニアが全てに関わるのではなく、それぞれのフェーズを数人のエンジニアが専門的に請け負って一つのネットワークを運用します。

 

 

なるために必要な知識

資格があれば未経験でも働けるネットワークエンジニア

 

職業に就くために必須の資格はありません。

 

しかし、ネットワークエンジニアは資格がものを言う世界です。
裏を返せば未経験でも資格を取得していれば上流工程に携わるチャンスがあります。

 

とにかく勉強の成果を形にしましょう。有効的な資格には「ネットワークスペシャリスト試験」「基本情報技術者試験」「CCNA」などが挙げられます。
未経験のうちから資格取得を視野に勉強することがオススメです。

 

 

給与事情

広範囲の知識が求められるネットワークエンジニアは、ソフト開発を行うエンジニアと比べて年収が高い傾向にあります。その年収は平均して「530万円程度」です。

 

しかし、資格の取得状況やキャリア次第で変動します。
中には1,000万円以上の年収で働く人材もいますが、それほどの給与水準に至るためには上流工程に辿り着かなければいけません

 

 

キャリアパス

キャリアパスとしては、それまでの経験と知識を生かしてプロジェクトの管理に回る「ジェネラリスト」と、卓越した技術を武器に現場で働き続ける「スペシャリスト」の選択ができます。

 

必ずしもどちらかへの所属を求められる訳ではありません。
しかし、「彼に任せれば大丈夫」とお墨付きが貰えるほどの経験・知識の積み重ねがキャリアパスを広げます。

 

 

将来性

クラウドサービスが普及し、サーバーを仮想化する企業も増えているため、ネットワークエンジニアとしての仕事は減っているという一面があります。
しかし、物理的なネットワーク構築の技術が無くなってしまう可能性は低いです。
今後もインターネットの活用が行われる限り、ネットワークエンジニアの需要は一定数確保されると期待されます。

 

 

ネットワーク構築に興味がある人にオススメ

ネットワークエンジニアはプログラミングでソフトを開発しません。
どちらかと言えばルーターやサーバーなど、よりバックエンドな知識を必要とします。

 

将来性は十分に高いです。ネットワーク全体の保全に関わりたい人に向いている仕事なのではないでしょうか。

TOPへ