Webデザイナーやマークアップエンジニアはサイトのビジュアル面で重要な職業です。

Webデザイナーとは

Webサイトのデザイン構想

「Webデザイナー」とは、クライアントから依頼されたWebサイトのレイアウトを作成し"Photoshop"や"Illustrator"などのクリエイティブソフトを用いて実際にデザインを作成していく「Webページに特化したデザイナー」です。

 

デザイナーはオフィスに篭って仕事を進めると思われがちですが、クライアントからのヒアリングのように、デザイン業務はプロダクト作成の上流工程にも携わるため、業務を遂行するためには“コミュニケーション能力”も大切になります。

 

 

Webデザイナーになるための条件

Webデザイナーが使うパソコン

Webデザイナーになるためには特別な資格は必要ありません。

 

ですが、就職の応募条件では

  • Photoshop・Illustratorの使用経験
  • HTML・CSSの最低限の知識

などのスキルを求められるため、Web制作に関する技術を証明できると有効的と言えるでしょう。

 

給与と求められるスキルアップ

経済産業省の情報によると、Webデザイナーの平均給与は「411万円」となっています。

 

HTMLやCSSなどのコーディングに携わる知識を深める他、JavaScriptやWordPressなど、チーム内で関わりのある他ポジションの技術を身につける事は、給与アップにもWebデザイナーとしてのパフォーマンスを高めるにも有効とされています。

 

 

マークアップエンジニアとは

「マークアップエンジニア」は、ウェブサイトのデザインをコンピューターに正しく反映させるために、HTMLやCSSといった“マークアップ言語”を用いて理想のプロダクトへ近づけることを目的としたエンジニアです。

 

 

求められるスキルとHTMLコーダーとの違い

Webデザイナーから降りてくる仕様書を静的にHTMLへと書き起こすHTMLコーダーと異なり、マークアップエンジニアは、時にデザイナーに提案しながらプロダクトをユーザーの求めるものに近づける役割を求められています。

 

取り扱う領域はWebデザインからコーディングまで幅広いものになるため、その後はスペシャリストへのキャリアパスを築き上げることも可能です。

 

 

給与と将来性

新人の頃のマークアップエンジニアの平均給与は「300万円程度」とされていますが、順調にキャリアを積んでいけば30代になる頃には新入社員と比べて100万円近く年収を上げることは珍しくないとされています。

 

コーディング中のマークアップエンジニア

AIの台頭で将来性が心配される声も上がっているようです。
しかし、確実なキャリアパスを歩むことで“フロントエンドエンジニア”のように総合的な強みを持った人材へと成長することが可能な点から考えても、仕事が完全に無くなることは考えにくいでしょう。

 

 

デザインセンスを活かすにはどちらも視野に

ご紹介した2つの職業は1つのプロダクトにおいて担う業務領域がクロスする機会が多くあります。

 

そのため、就職を目指すにあたって両者のスキルを意識した活動が重要になるのではないでしょうか。

TOPへ